法定相続人とは誰か?

公開日:  最終更新日:2017/05/18

遺言・相続ノート10 遺言書の役割とは?ー法定相続人がいるとしても遺言書作成は必要?

 法定相続人には、配偶者・子供・両親・祖父母・兄弟姉妹がいます。

・独身の場合は、どのような相続関係が生じるのでしょう。

独身であっても、子供がいる場合がありますが、 次では、配偶者・子供がいない場合をみていきましょう。 そのような場合、両親・祖父母、兄弟姉妹・甥姪が法定相続人になります。 両親・祖父母→直系尊属 兄弟姉妹・甥姪 このように、相続順位が決められており、独身で子供や孫がいなくとも、相続人がいることになります。

・子連れの再婚同士夫婦の場合の相続関係は、どのようになるのでしょうか。

法律婚による再婚の場合 当然、配偶者には相続権が発生します。しかし再婚した配偶者の子供には相続権はありません。 そこで、再婚相手の配偶者の子供を養子にすることで、再婚相手の配偶者の子供にも相続権が発生します。 反対に、離婚した元配偶者は、相続権がなくなりますが、前の婚姻時に生まれた子供には、親が離婚しても相続権が残ります。

 

このように、日本においても離婚や再婚が多くなり、家族関係は複雑になっています。 仮に、このような複雑な家族関係になってしまっているのだとしたら、前の家族も現在の家族をも大事にするためにも、遺言書によって相続関係を生前に明らかにしておくと、争いが減るでしょう。 確かに、再婚相手の子供との養子縁組などで、その子供にも、法律的には相続権が発生します。やはり、実子がいた場合に、実子と養子との間の相続の割合・不動産の相続など不可分財産などの相続の仕方で、争いが生じないとは限りません。 被相続人は、あらかじめ遺言書で相続の意思を明らかにすることで、実子と養子との争いを防ぐことをしておきましょう。 以上のような法定相続人がなく、天涯孤独である人の相続財産は、国庫に入ることになってしまいます。

各種団体や各種法人に財産を譲りたい・寄付したいという場合は、遺言書によって財産を譲ることが可能です。 以上の場合も、〈遺言〉というのは、自分の財産について自分の意思を尊重するために重要な役割を果たします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑