遺産を相続するとき

公開日: 

「遺産を相続する」というと、財産が舞い込んでくるようなイメージがあるかもしれませんが、遺産のなかには、借金のようなマイナスの遺産も含まれています。
ですから、亡くなった方が所有されていたプラスの財産よりも、借金のようなマイナスの財産のほうが大きい場合、遺産を相続すると、財産がもらえるどころか、逆に、借金を支払わなければならないということになってしまいます。
プラスの財産だけを引き継ぐということができればありがたいのですが、そういうわけにはいかないのです。
では、相続する遺産のなかに、借金が含まれていた場合は、どうすればよいのでしょうか。
マイナスの財産よりもプラスの財産のほうが多い場合は、すべての財産を受け継ぐ(単純承認といいます)のが一般的ですが、逆に、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多い場合には、相続の権利や借金返済の義務を一切受け継がない(相続放棄といいます)ことが多いようです。
また、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのかがすぐにはわからない場合には、相続する財産の範囲内で借金を返済し、そのうえで財産が残れば、それをもらい、もし借金が残ってしまえば、その借金をすべて放棄するということができます(限定承認といいます)。
相続放棄は、相続することを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出なくてはいけません。
3ヶ月を過ぎてしまうと、相続したものとみなされてしまうのです。
相続する財産には、家や土地など、すぐにはその価値がどのぐらいなのかわからないことも多いので、注意が必要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑