遺言がない場合の相続人

公開日: 

遺言があれば、もちろんそこに書かれていることが最優先となりますが、もし、遺言がなかった場合、誰がどのように遺産を相続することになるのでしょうか。
遺言がなかった場合の遺産の相続人については、きちんと法律で決められており、この法律で決められた相続人のことを、「法定相続人」といいます。
まず、亡くなった方の妻や夫(配偶者)は、亡くなった方に子どもがいても、親や兄弟姉妹がいても、必ず法定相続人となります。
そして、その他の法定相続人については、
「子ども、孫、ひ孫」、「父母(亡くなっている場合は、祖父母)」、「兄弟姉妹」の順で、法定相続人となります。
つまり、子どもや孫、ひ孫がまったくいない場合は、父母または祖父母が、父母や祖父母もいなければ、兄弟姉妹が相続するということです。
ですから、子どもと父母の両方が法定相続人になったり、父母と兄弟姉妹や、子どもと兄弟姉妹という組み合わせで法定相続人になるということは、絶対にありません。
具体的にいうと、次の7つのパターンのうちの、どれか1つのパターンの方が法定相続人となって、遺産相続の手続きをするということで、その1つのパターン以外の方々は、遺産相続の手続きに参加することはできません。
1.妻や夫(配偶者)と子ども
2.妻や夫(配偶者)と父母
3.妻や夫(配偶者)と兄弟姉妹
4.妻や夫(配偶者)
5.子ども
6.父母
7.兄弟姉妹
そして、法定相続人の優先順位は、この数字の順となります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PREV:
遺留分
NEXT:
相続税とは
PAGE TOP ↑