遺言を取り消したいとき

公開日: 

遺言した本人が生きている間は、いったん作った遺言書を、変更したり、取り消しすることができます。

・自筆証書遺言の場合
自分で作った遺言書、「自筆証書遺言」の場合は、取り消したい遺言書を破棄することで、遺言を取り消すことができます。
または、別の遺言書を作り、その遺言書に、取り消したい遺言書の、取り消したい部分について、「撤回する」と書いても、取り消すことができます。
例えば、遺言の全部を取り消したいときには、「平成○○年○○月○○日にした遺言の全部を撤回する」、部分的に取り消したいときには、「平成○○年○○月○○日にした遺言の、○○○の部分を撤回する」という具合です。

公正証書遺言の場合
公正証書遺言の場合は、遺言書の原本が公証役場に保管されているので、破棄することができません。
ですから、遺言を変更したり、取り消したいということを書いた遺言書を作っておかなくてはなりません。
この場合、変更や取り消しをしたいという内容の遺言も、法できめられた方式で作られていなければいけませんが、前に作った遺言書と同じ方式でなくても大丈夫です。
もし、公正証書遺言の変更や取り消しについて、自筆証書遺言で作った場合は、遺言の内容を実際に実行しようとするとき、相続人の間で紛争になるかもしれないので、公正証書遺言を作ってもらった公証役場で、変更や取り消しの内容の遺言書を作ってもらうのがよいでしょう。

このように、遺言書は、複数作ることができますが、その場合、有効となるのは、どの遺言書になるのでしょうか。
古い遺言と新しい遺言を比較し、その内容がくい違う部分については、日付の新しいものが優先され、そのほかの部分については、古い遺言が有効となります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑