貸金庫相続

貸金庫相続とは何か?

貸金庫の相続とは被相続人が契約していた貸金庫に入っている中味を相続することです。
被相続人が死亡したとき、相続人が銀行に被相続人の死亡を届けますと銀行は契約者の預金口座と貸金庫を凍結しますので、相続人は中身が引き出せなくなります。
中に被相続人のものだけでなく、他の家族の貴重品が入っていた場合でも、家族のものである貴重品も引き出せなくなってしまいます。
たとえば、金庫の凍結を解除するため手続きには相続人の印鑑と印鑑証明が必要になりますが、金庫の中に相続人の印鑑が入っていれば、相続人は新たな印鑑を登録して印鑑証明をとらなければならなくなります。

 

貸金庫凍結を解除しなければ相続できない

被相続人の遺言書が貸金庫に保管されていたら、凍結を解除しない限り遺言書に従って相続することができません。それゆえ、相続人は何は貸金庫凍結を解除しなければ相続が出来ないことになります。
凍結解除をして相続をするには銀行所定の貸金庫相続届用紙に記入して、相続人全員が署名して実印を押印し、相続人全員の戸籍謄本及び印鑑証明書等の必要書類を添えて手続きを行います。手続きは、手間も暇もかかる面倒な作業ですので、できるなら凍結される前に中身を引き出すことを考えた方が無難です。
銀行は家族からの申し出を受けて契約者の死亡を知り、貸金庫や預金口座を凍結します。相続人から死亡した報告を受けなければ、凍結もしませんので、銀行に死亡を伝える前に中身を引き出すのが賢いやり方です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑