お墓相続

お墓相続とは何か?

別居していた両親が亡くなるとお墓を誰が引き継ぐかが問題になります。遺言がなくても、生前から、家族に「○○が守れ」と言っていたら、その人が相続人です。被相続人の指定がないとき、相続人が集まって協議して決めます。このことをお墓の相続といいます。
昔は長男が家督を継いで、先祖を祀る祭祀財産の相続人もしてきましたが、昨今は核家族化で実家とは離れた地に住居を構えるのが当たり前ですので、一般的には両親が住んでいた家を相続した人が、仏壇とお墓の相続をしています。相続人に男兄弟がいれば、そのなかの誰かが相続できますが女姉妹だけの場合は相続人が協議して決めますが、姉妹が同意すれば、友人であろうと親戚であろうと誰が引き継いでも構いません。
祭祀財産には相続税が課税されませんので、高価な仏壇や高額の墓地権であれば、相続争いになるかも知れませんが、普通の場合はお墓の相続でもめることはありません。

 

相続人同士で決着がつかないときはどうするのか?

相続人同士で決着がつかないときは家庭裁判所の調停・審判でお墓相続人を決めます。
祭祀財産を継いだ人は、祭祀財産の管理や先祖の法要を行うために必要な費用を負担しなければなりませんが、他の相続人から「法要に金がかかるから遺産を多く渡そう」と言われたら貰えますが、自分から「お墓を継いでして金がかかるので遺産を多くもらう権利がある」と主張することは法的には認められません。ただし、引き継いだ人には仏壇や墓を守る義務はありません。つまり、管理するのが難しいと思えば処分できます。
昨今は核家族が当たり前。遠隔地にある先祖の祭祀財産を守ることが難しくなっていますので、合同墓地に納骨して永代供養を委託する人が増えています。相続人が姉妹の場合も、姉妹で相談して、両親の遺骨を合同墓地に移して永代供養を委託する人が増えました。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑