二次相続

二次相続とは何か?

父が亡くなれば、父が残した遺産は母と子供が相続します。これを一次相続と言います。
父の遺産を相続した母が亡くなれば子供や孫が母の遺産を相続します。これを二次相続と言います。相続のたびに、相続人は相続税を納税しなければなりません。
一次相続では母である配偶者には税額軽減の特例がありますので、母には相続税が課税されない1 億 6000 万円または法定相続分を無税で相続させることができます。

 

二次相続を見据えた遺産分割が重要

この税制度を利用すれば相続税を少なくして配偶者へ多額の遺産を相続させられますが、その分子供たちの遺産相続額は少なくなります。この一次相続だけを観れば相続税は最低限に抑えられます。しかし、配偶者であった母が亡くなった時、二次相続で子供が多額の遺産相続をしなければならず、かつ配偶者特例が活用できないため、相続税が高くなります。
つまり、一次相続で、配偶者特例を利用すれば、母である配偶者へ多額の遺産を相続させても相続税は少なくて済みますが、二次相続で子供が相続する遺産額が多くなり、かつ配偶者であった母が亡くなって法定相続人の数も一次相続時に比べて 1 名減り、 基礎控除額が 1 名分少なくなり、法定相続分で分割して、相続税総額を計算すると税額は高くなります。つまり一次相続に比べ、配偶者控除のない二次相続のほうが相続税額の負担は大きくなります。一次相続で相続税を減らしても、二次相続のときに、一次で減らした分以上の税金を支払わなければならなくなる事態も起こります。
したがって、一次相続と二次相続の全体を通じて相続税負担を少なくするように、一次相続時に、二次相続を見据えた遺産分割を行うことが必要になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑