代襲相続

代襲相続とは何か?

代襲相続とは代わりに遺産相続をすることでをいいます。被相続人である親より先に相続人となるはずであった子どもが死亡していた場合、相続権は死亡した子どもに代わって、被相続人の孫が引き継ぎます。相続の順番に当たっている者が、被相続人が息を引き取る前に、死亡したりして相続権を失った場合、その者の子や孫が相続権を失ったものの順番に従って代襲相続します。相続権を失った場合という表現は生きていても相続権を失うことがあるためです。
相続権保有者が死亡すれば相続権を失いますが、相続権所有者が相続欠格者や相続廃除者になれば生きていても相続権を失います。

 

再代襲相続人について

遺産目当てに被相続人や相続予定者を殺したり、殺そうとして罪に問われたり、被相続人を騙したり強迫して遺言させたり、遺言を偽造したりして罪に問われた者は相続欠格者になります。相続廃除者とは被相続人が虐待を受けたなどの理由で家庭裁判所に相続人廃除を申し立てて、相続人から廃除することを認められた相続人です。相続欠格者や相続廃除者になると被相続人の財産相続権を失いますが、その相続人に子がいれば、相続人に代わって代襲相続します。
代襲相続人が相続権を失えば、その代襲相続人の子が代襲相続人になります。これが「再代襲相続人」です。相続人が兄弟姉妹の場合も、兄弟姉妹が死亡している時は、その子、被相続人の甥や姪が代わりに相続します。ただし、相続人が兄弟姉妹の場合は、被相続人の甥と姪の一代に限定され、甥や姪の子の再代襲相続はありません。
被相続人の子、孫、曾孫の直系卑属には代襲相続も再代襲相続もありますが、被相続人の兄弟姉妹の子である甥と姪には代襲相続のみが認められています。
また、相続人が養子である場合、養子縁組をする前に生まれていた子には代襲相続権はありません。相続人の父母や配偶者の代襲相続は認められていません。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑