公正役場

公正役場とは何か?

公正役場とは本来公正役場ではなく、正しくは公証役場といいます。公証役場は公証人が公正証書を発行する役所ですので公証人役場ともいわれます。公証というのは、公的権力が、「この事実に相違ない」とか「この契約内容に相違ない」とお墨付きを与えることです。つまり、公が正しいと認めた証を交付するのが公証です。
このような公証役場は全国に300か所ほどありますが、その名称は地名を頭にして「○○公証役場」「○△公証人役場」といわれますが、中には「公証人合同役場」「公証センター」という名もあります。公証の仕事をするのが公証人という公務員です。公証人は法務大臣が任命した法律の専門家であり、司法修習生を経験してきた法曹有資格者か長年法務事務に携わってきた学識経験者で、公証人特別任用等審査会の選考に合格した人です。
公証人は法律の専門家しかなれません。公証人の主な仕事は 公正証書の作成です。

 

遺言作成で公証を依頼するケースは2パターンある

遺産相続の問題で公証人に公証お依頼するケースとしては、公正証書遺言の作成と秘密証書遺言の公証があります。秘密証書遺言の場合は、遺言者の作成した遺言書を封筒に入れ、封筒に「○○氏の遺言である」と公証した事実を記して封印して遺言者に返します。
公正証書遺言は、遺言者の口述をもとに公証人が遺言書を作成し、遺言書を公正証書とし、正本は遺言者が保管し、原本の公正証書は公証役場で保管されます。
遺産相続関連では、遺言書以外でも、遺産分割協議書に法的拘束力を持たせるため、分割協議書を公正証書とすることもあります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑