公正証書遺言執行

公正証書遺言執行とは何か?

遺言者が公正証書遺言を作成するときは、遺言する原案を公証人に口述しなければなりませんので、一般的に相続法の知識を持たない人は事前に専門家に相談して遺言したい内容案を決め、新日本総合事務所の行政書士に立会いの証人を依頼します。
公正証書遺言では、専門家が公正証書遺言執行者に指定されています。遺言執行者は遺産分割後の登記や引き渡しなどの手続きを行ない。時には貸した金の回収など対外折衝もあり、法律上の手続きに精通した専門家を公正証書遺言を執行する人に指定します。
公正証書遺言執行者に指定された行政書士は、被相続人が死亡すると相続人を集めて、持参した公正証書遺言書を開封して、故人が遺した遺言の内容を説明します。
遺言書に書かれているのは、相続人に、どのように遺産を相続させるかを描いた設計図ですので、そのまま実行できない部分も含まれています。
たとえば、普通の場合、公正証書遺言の場合、何を贈与するかという対象物を指定した「特別贈与」と「○○に財産の3分の1を贈与する」といった包括遺贈が行われます。

 

遺産の3分の1といっても不動産や絵画は分けられない

「遺産の3分の1」という大枠は決められていても、宅地や住宅などの不動産や絵画や彫刻と言った美術品がある場合、どのように分割して3分の1にするかが問題になり、相続人の思惑が絡んで、相続争いに発展しますので、公正証書遺言執行者が遺産分割を実行する責任者として差配を執行します。つまり、公正証書遺産執行者は相続法と遺言書の趣旨に基づいて、金銭配分を決めたり、相続財産を売却して金銭に代えて、相続人に配分して遺言を執行します。公正証書遺言を執行する人には遺言を実行する権限がありますので、相続人は公正証書遺言執行者の執行した内容に従わなければなりません。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑