公正証書遺言費用

公正証書遺言費用とは何か?

公正証書遺言を作成する費用は、「公証人手数料令」で定められています。
公正証書遺言として残す目的物の価格によって、その費用が決まっています。
目的となる価格 ~100万円以下の場合 5,000円
100万円超 ~ 200万円以下   7,000円
200万円超 ~ 500万円以下   11,000円
500万円超 ~ 1,000万円以下  17,000円
1,000万円超 ~ 3,000万円以下 23,000円
3,000万円超 ~ 5,000万円以下 29,000円
5,000万円超 ~ 1億円以下   43,000円
1億円超~3億円以下 43,000円 + 5,000万円ごとに13,000円加算
3億円超~10億円以下 95,000円 + 5,000万円ごとに11,000円加算
10億円超~ 249,000円 + 5,000万円ごとに8,000円加算
目的となる価格は公証人が証書作成に着手した時の遺言する財産の価格です
相続人が複数の場合は、相続人毎に、上記算式で手数料額を算出して合算します。
遺言手数料として相続合計額が1億円に満たない場合は、上記手数料の他、遺言加算として11,000円が上乗せされます
また、遺言を取り消す場合は人数には関係なく11,000円の費用がかかります。
秘密証書遺言書の手数料は11,000円です。

 

公正証書遺言費用の計算例

【例1】相続財産6,000万円で相続人が2人(A=4000万円とB=2,000万円のとき)
  29,000+23,000+11,000遺言加算= 63,000円
【例2】相続財産1億2千万円 相続人(A=8,000万円 B=3,000万円 C=1,000万円)43,000+29,000+23,000=95,000円
また、公証役場以外で公正証書遺言を作成する際に発生する旅費や日当は、次の通りです。
公証人が病院等に出張して証書を作成した場合については目的価格による手数料の5割増(1.5倍)になります。公証人の日当は 2万円/1日(4時間まで1万円)です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑