公正証書遺言

公正証書遺言とは何か?

公正証書遺言というのは、法務大臣に任命された公証人(国家公務員)が作成する遺言書のことです。一般人が作成した自筆証書遺言書や秘密証書遺言書には、民法で定められた方式や内容に間違いがある可能性が含まれていますが、公正証書遺言は国家公務員である公証人が作成するため、遺言の方式や内容の間違いや漏れは起こりません。
公正証書遺言を作成するには、遺言人が証人とともに公証役場に出向き、遺言にしたいことを公証人に口述すれば、公証人が「公正証書遺言書」を作成します。
公証人が作成した公正証書遺言の正本は遺言人が保管し、原本は公証人役場で保管します。一般人が作成した自筆遺言や秘密証書遺言の場合、遺言者が死亡した後、封印した遺言書を家庭裁判所に持ち込んで開封してもらい、遺言内容を確認して記録してもらい「これが遺言者の作成した遺言書である」というお墨付きをもらわねばなりません。

 

公正証書遺言書は、公証役場で原本保管

公正証書遺言書は、公証役場に遺言書の原本が保管されているため、家庭裁判所に遺言書を持ち込んで開封・検認を受ける必要はありません。
公正証書遺言書は公務員が作成する遺言書ですので、遺言書に記載する内容については厳格な事実確認を行います。遺言書作成を依頼する人は戸籍謄本、抄本、住民票、印鑑証明書、不動産登記簿の謄本または抄本、固定資産税評価証明書などの証明書類を準備しなければなりません。また、遺言内容を口述するときには、利害関係のない人を2人証人として用意しなければなりません。
公正証書遺言を作成には、準備に手間暇がかかり、自筆証書遺言書に比べれば多額の費用が掛かりますが、遺言書が法的不備で無効になることはなく、作成した遺言書は公証役場に保管されますので、安心です。
は、遺された遺族の将来を左右しかねない重大な書類ですので、新日本総合事務所のようなプロに依頼して、手間暇と費用を掛けてでも確実な遺言書にしておくべきではないでしょうか。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑