再転相続

再転相続とは何か?

相続人が相続について承認も放棄もせず死亡した場合、死亡した相続人の相続人(後相続人)が前の相続人が持っていた遺産の相続を承認・放棄する権利を引き継ぐことを再転相続といいます。具体例を挙げますと、祖父の遺産を継ぐ相続人であった父親が、相続するか放棄するかを検討していた熟慮期間(祖父の死後3か月)内に亡くなった場合、父親のもっていた遺産を相続するか放棄するかの権利は、その子(後相続人)に移ります。
父親から子へ再転相続が行なわれると-子には祖父と父、二人から相続分を受け取る権利が生まれます。ただし、父の死が祖父の死から三か月という熟慮期間をすぎていた場合は、父が祖父の遺産相続を承認したことになりますので再転相続にはなりません。

 

再転相続の組み合わせは4通り

再転相続の場合、この例では子どもが相続権を得たとき時、つまり父の死を知った時から、3か月以内に、祖父の遺産を相続するか放棄するかについて選択する権利が生まれます。
本件の例では子どもは祖父と父両方の遺産について相続を放棄するか承認するかの選択ができます。組み合わせは4通りになりますが、祖父と父、両方の遺産ともに放棄することも、両方の遺産ともに相続することはできます。
父に相続権のあった祖父の遺産相続権を再転相続して、祖父の遺産相続を放棄して父の遺産を相続することはできますが、祖父の遺産を相続しておいて父の遺産の相続放棄をすることはできません。父の遺産の相続放棄をすれば自動的に祖父の相続も放棄になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑