土地生前贈与

土地生前贈与とは何か?

土地の生前贈与を受ける場合には「贈与税」以外に「登録免許税」と「不動産取得税」が必要になります。 贈与税については、生前贈与の特例制度などを利用することによって非課税にすることもできますが、 この2つの税金は、非課税とする方法はありません。
つまり、土地の生前贈与を受けると「登録免許税」と「不動産取得税」は必ず支払わなければなりません。土地の生前贈与を受けて名義を変更する場合、登記申請書を作成し、書類を提出するとき、法務局の窓口で収入印紙を申請書に貼り付けて提出します。
登録免許税の価格は、固定資産税評価額の2%ですので、贈与する土地の価格(固定資産税評価額)が1000万円なら 1000万円×2%=20万円が登録免許税の金額となります。
司法書士に依頼する場合には報酬の支払いも必要となります。
登録免許税は、土地を贈与する人贈与された人、どちらが支払っても大丈夫です。

 

不動産取得税という都道府県税が発生します

土地を生前贈与により取得した人には、「不動産取得税」という都道府県税が課せられます。
相続であればかかりませんが、土地を生前贈与で取得した人は都道府県に不動産所得税を支払う必要があります。不動産取得税の価格は、固定資産税評価額の3%ですので生前贈与する土地の固定資産税評価額が1000万円なら、1000万円×3%=30万円 が不動産取得税の金額となります。 住宅や住宅用土地の取得の場合、公共工事などによる収用の場合及び災害などの場合には、申請すれば軽減を受けられます。土地を生前贈与で取得した日から60日以内に、不動産取得申告書を提出し、 都道府県から送られてきた納税通知書(納付書)で金融機関から税を納めます。登録免許税と不動産取得税を合計すると、固定資産税評価額の5%が、実費として必要になります。相続税節税のために土地を生前贈与することを検討されるなら新日本総合事務所に相談されたほうが賢明です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑