婿養子相続

婿養子相続とは何か?

婿養子の相続とは、婿になると同時に、妻の親と養子縁組をした人が相続をすることをいいます。
婿になっても相続権は生まれませんが、養子になることで養子相続権が生まれます。
婿養子の相続の権利は養子相続権と同じです。婿養子は養子ですから、法的には実子としての相続権が生まれます。昔の日本では家督相続人として、子どもがいないときは男子を養子に迎え、娘がいるときは婿養子を迎えました。

 

現民法で家制度は廃止され婿養子の規定も廃止

旧民法には婿養子に関する規定がありましたが、家制度が廃止され婿養子の規定も廃止されました。夫となる男が妻の親の養子になり、その娘を妻に娶れば兄と妹が結婚するもので近親結婚になりますが、民法には「養子と養方の傍系家族との間では、このかぎりでない」という但し書きがあり、婿養子を迎えても近親結婚にはなりません。婿養子になるには婚姻届と養子縁組届の二つを役所に届けなければなりません。 妻の家に同居いているだけでは婿ですが養子ではありませんので婿養子の相続はできません。また、婿養子にならず妻の姓を名乗るのは戸籍筆頭者を変えただけですので婿養子ではありません。婿養子の相続をするには妻の親との間に養子縁組手続きが必要です。夫は、婿養子になることにより、妻の親の養子となり、妻の親の遺産を相続する権利を持つ相続人になります。養子は法律で認められた血族ですので法定血族と言われ、養い親と実の親の両方の遺産を相続します。婿養子の相続については法定血族のため、養親である妻の親と自分の親の遺産を相続します。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑