法定相続人兄弟

法定相続人兄弟とは何か?

亡くなった人の遺産を引き取り、引き継いでいく人を相続人といいます。人が亡くなると故人の所有していた財産を、誰かが引き取り処理しなければならないため、国は相続人を指定して、遺産を引き取る義務を課しています。それが法定相続人です。
国は配偶者と血族相続人を指定していますので、配偶者は血族相続人と協力して、遺産を引き取り引き継がなければなりません。
被相続人の遺産は、まず、生活を共にしてきた配偶者と血族である子どもが相続します。子どもから孫、曾孫につながる直系卑属がいないときは、直系尊属である父母や祖父母が法定の血族相続人になります。直系の血族相続人がいない場合、傍系血族の兄弟と姉妹が遺産を相続します。国から遺産を引き取る義務を課せられた法定相続人の兄弟も配偶者も姉妹もいない場合、国が遺産を引取り相続することになります。

 

法定相続人としての兄弟姉妹

血族の法定相続人が兄弟や姉妹の場合や配偶者がいるときは配偶者が遺産の4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続し、兄弟姉妹が複数人の時は等分して相続をすることになります。
法定相続人の兄弟と姉妹には法定相続分がありますが、故人が「配偶者に全財産を相続させる」とか、「全財産を○○に寄付する」いう遺言を残した場合、法定相続人の兄弟と姉妹は遺産を相続することができなくなります。民法は、配偶者や直系血族である子どもや父母、祖父母には、遺言があっても一定の遺産を受け取る権利を「遺留分」として保障しています。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑