法定相続人

法定相続人とは何か?

法定相続人とは人が死亡すると、その人の遺産が故人が生前に遺言をした指定相続人と民法で「相続しなければならない」と決められ、相続する人のことをいいます。法定相続人は被相続者の配偶者と被相続人の子どもから孫、曾孫と続く直系卑属が基本です。
子どもが死亡したなどの理由で相続権を失っていた場合、相続権者の子、つまり、被相続人の孫に、孫が相続権を失っている時は曾孫に移ります。被相続人には、遺した家族である子孫の生活を保障する責務があり、被相続人が遺言で遺産を贈与する場合は、法定相続人に相続させなければならない最低相続分を遺さなければなりません。
民法は、遺された子孫の生活を保障するためそれを設定して、遺産相続権を与えています。が、権利の裏には遺産を相続しなければならないという義務があります。

 

法定相続人は遺産を知らないまま一切引き取ることに注意

遺産の中にはプラス資産もありますが、借金や債務などのマイナス遺産もあります。
民法は「法定相続人は相続開始の時から、つまり、被相続人が息を引き取った時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」としています。
別の言い方をしますと亡くなった人の法定相続人になった人は、故人の遺産が、どれくらいあるのか、知らない状態の中で、故人の財産に関する権利も義務も一切を引き取らなければなりません。これは故人が亡くなった時点で、故人の遺産を一旦相続するという意味です。引き取った後、債務が多ければ、決められた期限内に相続放棄などの手続きをおこないます。亡くなった人の法定相続人になった人は、国から故人の財産処分を任された人とも言えます。被相続人に子や孫がいない場合、直系尊属の父母が配偶者とともに故人御遺産処分を行い、直系尊属がいない場合、配偶者と兄弟姉妹が故人の遺産を処分します。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑