特別受益

特別受益とは何か?

特別受益とは、相続人が故人から生前に受けていた贈与の中で、相続分を計算するときに前渡しされた遺産に算入されるものをいいます。相続人が遺産配分を協議するとき、現実にある遺産だけを基に配分を計算すると生前贈与を受けていた人と受けなかった人では不公平が生じます。
相続人の間で公平な遺産分割をするため、結婚した時、故人から家や土地をもらっている相続人は、他の相続人より相続できる額を少なくします。しかし、故人から貰った金には小遣やご祝儀、病気見舞い金などもふくまれていますが、民法では、故人から「生計の資本」として贈与を受けたものだけを「相続遺産の前渡し分」としています。
 結婚資金を援助してもらったり結婚した時に、自分たちが住むための家を建てる土地を貰ったりしたとか、家を建ててもらったなどは、生計の資本として贈与を受けたものです。また、自分だけが大学院に通う学費をもらったとか、一人だけ留学費を出してもらったというのは「特別受益」になります。経営する会社の事業資金を出してもらう。これは、このような贈与が行われていなければ他の相続人が受けるべき贈与が増えていたという観点から定められたものです。

 

特別受益は遺産前渡し額

特別受益は相続遺産の配分を決めるときや遺留分を計算するときに、遺産前渡し額として組み込まれます。これを「特別受益の持ち戻し」といいます。
具体的には相続金額を「特別受益+遺産」とし、配分率に基づいて各々の配分額を決め、そこから、相続人の特別受益を引いたものが相続額になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑