生前贈与手続き

生前贈与手続きとは何か?

贈与とは贈る人ともらう人がお互いに納得したうえで行われます。
贈与には口約束による贈与と契約書のある贈与がありますが、どちらも実行する義務はあります。口約束の場合は、実行前であれば取り消すことができますが、契約書を交わした場合は取り消すことはできません。贈与を実行するまでに時間がかかる場合、たとえば一年後に物件が返還されたとき、贈与する場合などは、先に何があるかわかりませんので契約書にしておくのが賢明だとおもいます。生前贈与の手続きは贈与税の納税手続きです。

 

生前贈与の贈与税制との注意事項

1年間に110万円を超える金銭や不動産の生前贈与を受けた人は、申告して納税手続きをしなければなりません。毎年110万円以下の生前贈与しか受けていなければ、納税申告手続きは不要ですが、110万円を超えた場合は、超えた分だけに課税されますので納税申告手続きがいります。この課税方式は、現金、株式、不動産であれ、贈与する財産の種類が問われることはなく、1年間の贈与金額の合計が110万円以下の生前贈与であれば無税ですので、納税申告手続きは不要です。ただし、無税枠ぎりぎりの110万円の生前贈与を、毎年繰り返していると、税務署によっては明らかな税金逃れとみなされますので、110万円を超える贈与を行い、多少なりとも贈与税を納めることも考えておく必要があります。
生前贈与で手続きが必要となるのは、贈与税を納税するための手続きですが、税制度は、刻々変化していきます。たとえば、平成15年から新たに「相続時清算課税方式」が設けられ、65才以上の親から20才以上の子供への、生前贈与に関しては2,500万円まで非課税扱い(=特別控除)となりました。税制度の変化に対応して節税を考える必要がありますので、素人では情報がありませんので専門家である行政書士や弁護士と相談して、生前贈与の内容を決めて手続きをするのが賢明なやり方になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑