生前贈与相続放棄

生前贈与相続放棄とは何か?

生前に家や現金などの贈与を受けていたが、亡くなって財産の確認をしたら借金が出てきた…生前贈与を受けたが相続放棄をしたい場合があります。
生前贈与を受ける際に負債があると全く知らずに贈与を受け、贈与税を納めていた場合、また、生前贈与後に事業が失敗して多額の借金ができてしまった場合など、受贈者が全く知りえない負債の場合には、生前贈与を受けていても相続放棄をすることが可能です。
つまり、負債があると知らずに生前贈与を受けていた場合は相続放棄可能ですが、負債があることを知りながら生前贈与を受けた場合は相続放棄をすることは出来ません。
贈与を受けた時点で負債を返済すべきだったからです。

 

相続時精算課税制度で生前贈与を受けても相続放棄できる

生前、相続時精算課税制度を利用して生前贈与を受けていた場合も相続放棄はできます。
生前贈与された財産は、受贈者の財産ですので、相続発生時に相続放棄をしたとしても受贈者の財産であることには変わりありません。負債の返済を免れるため、わざと財産を贈与した場合は、生前贈与が取り消される可能性もあります。
原則は、負債があると知らなかった場合は相続放棄できますが、知っていたら相続放棄できませんが、負債の解消と、相続放棄の手続き、生前贈与を受けた時点での資産状況などによって、一概に生前贈与OK!相続放棄OK!と言える問題ではありませんので、税理士や行政書士、弁護士など相続問題に明るい専門家にご相談する必要があります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑