生前贈与相続税

生前贈与相続税とは何か?

生前贈与には娘の結婚資金を贈与するとか、子供の留学費用を贈与するなどいろいろの目的がありますが、遺産として残る金額が減りますから生前贈与は相続税を削減させます。生前贈与で相続税は削減できますが、一方で生前贈与の贈与税が発生します。
被相続者の財産を譲渡する方法は生前贈与と相続ですので「全財産の譲渡税=贈与税数回の合計プラス一回の相続税」です。全財産譲渡税をミニマムにするのが節税対策になります。いずれにしても相続税は、被相続人が死亡した時に発生する一回限りの税ですので、相続が決まってからでは節税対策は打てませんので、財産譲渡税のミニマムは生前贈与を工夫することでしか達成できません。つまり摂津税対策を実行するには生前贈与と相続税についての知識を持ち、贈与税についての優遇処置を活用する必要があります
優遇処置は社会情勢に合わせて時限立法化されますので、いかに紹介するケースを参考にして行政書士、税理士など専門家に相談されるのをお勧めします。

 

全財産譲渡税をミニマムにするのが節税対策

生前贈与で相続税を減らすやり方で誰でも利用できるのが、贈与税の基礎控除、1年あたり110万円を利用するやり方です。毎年、一定額贈与すると「総額○○万円を贈与する意思があった」と見なされ、総額に対する贈与税がかけられる場合もあり、工夫が必要です。
子を飛び越して孫に贈与しておけば、子から孫への相続が無くなります。
贈与税の特例として生前贈与を相続税で清算する「相続時精算課税制度」があります。
20歳以上の子が65歳以上の親から生前贈与を受けた場合、贈与税支払いを、贈与人が死ぬまでのばしてもらい、贈与された額を相続額に含めて相続税を支払い清算する制度です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑