異母兄弟相続

異母兄弟相続とは何か?

異母兄弟が遺産を相続することを異母兄弟の相続と言います。故人の遺産を相続できる血族相続人は民法で相続順位と、その相続分が決められています。故人に子供や孫の直系卑属がなく、父母祖父母という直系尊属がいない場合にかぎり、故人の兄弟姉妹が遺産を相続します。
兄弟と言えば一般的には、同父母から生まれた兄弟(姉妹)になりますが中には、中には父が同じであるが異が違うという母兄弟もいます。もちろん、異母兄第姉妹です。
相続分について説明する時は、同じ父母から生まれた兄弟(姉妹)を「全血兄弟」といい、父母のどちらか一方だけが同じ兄弟(姉妹)を「半血兄弟」といいます。

 

異母兄弟相続は半血兄弟

異母兄弟の相続については半血兄弟になります。父の血は同じであるが、もう半分の母の血が異なる兄弟という意味です。半血兄弟は全血兄弟と同じ順位の相続権はありますが、その相続分は全血兄弟の半分になります。同順位の相続権者は同相続分が原則ですが、異母兄弟の相続は同母兄弟と相続順位はおなじですが、相続分は同父母兄弟の半分になります。
故人に、血族相続人として子供も孫もなく、父母も祖父母もいない場合、故人御遺産の相続分は配偶者が四分の三、兄妹姉妹が四分の一になります。
兄弟姉妹の内二人が同母兄弟、一人が異母兄弟のとき、同母兄弟はそれぞれ四分の一の五分の二で、遺産の十分の一。異母兄弟の相続は二十分の一になります。
兄弟姉妹相続人が死亡などで相続権をなくしていた場合、その子、つまり被相続人の姪か甥がいる場合は、叔父や叔母の遺産を親の代わりに代襲相続します。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑