登記手続き

登記手続きとは何か?

親子間、夫婦間などで、土地や家、マンションなどの不動産を贈与(生前贈与)によって名義変更する際には登記手続きが必要となります。もちろん贈与になりますので、節税対策が必要になり、税務の専門家のアドバイスを求める必要があります。相続した不動産は名義変更、登記手続きが必要になりますが、登録のためにどんな書類が必要かわからない素人が、役所に出向いて必要書類をそろえて、申請書類を作成するなど至難の業です。

 

登記手続きは専門家に依頼するが賢明

ここは、餅は餅屋で、専門家に登記手続き代行を依頼するが賢明だとおもいます。登録に必要な書類としては、贈与する側で用意するものとして登記済権利証(または登記識別情報)、印鑑(実印)、印鑑証明書(発行後三ヶ月以内)贈与対象となる不動産の、固定資産評価額が分かるもの(固定資産税の課税明細書または固定資産評価証明書)
贈与を受ける側が用意するものには住民票、印鑑(認印でも可)があります。
慣れない人間が役所に出向いて、証明書類の発行依頼手続きをして、証明書類を集めるのは大変な仕事ですが、専門家に依頼すれば証明書入手も代行してもらえます。
登記手続きに必要な費用は、「登録免許税」の実費と専門家に支払う報酬があります。
登録免許税は、固定資産税評価額の2%ですので、贈与する土地の価格(固定資産税評価額)が1000万円なら 1000万円×2%=20万円が登録免許税の金額となります。
報酬は贈与不動産によって登録手続きに必要な作業負荷が変わりますので、依頼前に、事情を説明して見積をもらう必要があります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑