相続の順位

相続の順位とは何か?

相続の順位とは、故の遺産を誰から先に相続を受けるか法で定まっている順番のことをいいます。故人の遺産は、故人が生前遺言して指定した相続人と民法で相続する権利を保障した「法定相続人」に相続されます。
遺言していない場合、故人の遺産は、民法で定められた相続人に民法で定められた相続分に基づいて配分されます。相続分とは、全遺産の中から相続人が相続する遺産の割合であり3分の1とか4分の1といった比率で表します。
遺産にはプラス資産とマイナスの負債も含まれますので、金額で表示できないため相続分として全財産に対する割合を表記します。民法は被相続人の遺産を誰が受け継ぐ法定相続人の相続の順位と相続分をさだめています。
民法で相続人として定めた法定相続人には配偶者相続人と血族相続人があります。

 

相続人も特別縁故者もなければ遺産は国庫に相続される

民法が法定相続人を定めて遺産を相続させる目的は、遺された子孫の生活を保障することが第一、遺産相続して、故人の全遺産を処分することが第二です。
ですから、配偶者は相続人となり、血族相続人は血縁の濃さから相続の順位がついています。被相続人の子どもや孫など直系卑属が第一順位です。被相続人に直系卑属である子どもも孫もいない場合、第二順位として父母・祖父母の直系尊属が配偶者とともに遺産相続し、直系の卑属も尊属もいない場合は、第三順位で兄弟姉妹が遺産相続をします。
相続権のある兄弟姉妹が死亡していて、子どもがいる場合、つまり甥か姪がいる場合、親に代わって甥や姪が相続します。被相続人の子どもは、孫が代襲相続し、曾孫が再代襲相続できますが、兄弟姉妹の子は甥と姪までが相続の順位です。その子に再代襲相続権はありません。
 相続の順位と言える状態ではない場合は裁判所が認めれば遺産分与を受けられます。相続人も特別縁故者もなければ、遺産は国庫に相続されます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑