相続人の範囲

相続人の範囲とは何か?

相続人の範囲とは故人の遺した財産を継承する人順序のことを言います。継承するとは、故人の財産を引きとり、引き継ぐことです。遺産を引き継がれる人を被相続人といいます。
被相続人の遺産を引き継ぐ人には二種類があります。一つは被相続人が生前に遺言で贈与を指定した人であり、もう一つが法定相続人です。
人が亡くなれば、遺産を引き取る人が要りますので、国は配偶者と血族を、故人の遺産を引き取り引き継ぐ、つまり相続する相続人に指定しています。それが法定相続人です。

 

法定相続人とは何か?

法定相続人は故人と生活を共にしてきた配偶者と血族相続人です。
遺産を引取り、引き継ぐのは、配偶者と血族に任せる主旨で、民法では血族の相続人の範囲と相続する順位を定めています。国の立場で見ますと相続人は、故人の残した財産を処分させる人ですので、血縁の濃い血族が遺産を引き取れば、血縁の薄い血族に遺産を引き取らせる必要は無くなります。そこで、民法は、血族を3つに区分し、上位順位の血族がいない場合に限り、次の順位の血族に相続義務を課します。
第一順位が子どもから孫へとつづく直系卑属です。配偶者は血族とは別の相続人ですので、被相続人の配偶者と子ども、孫、そして曾孫と続く直系卑属が遺産相続の基本です。
不幸にして、直系卑属がいない場合父母や祖父母の直系尊属。そして直系がいない場合、が傍系の兄弟姉妹です。血族の誰が相続人になるかは、被相続人が死亡した時の、相続人の状況で違ってきますので相続人の範囲は被相続人が亡くなった時しか確定しません。
被相続人の遺産を引き取る義務を負わされた血族の相続人の範囲はここまでですが、この相続人の範囲で遺産を引き取る人がいない場合、国が被相続人の財産を引き取ります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑