相続分

相続分とは何か?

相続分とは、相続人が全遺産のなかから受け取ることができる遺産の割合をいいます。遺産相続は、故人が息を引き取った瞬間に始まりますので、遺産がいくらあるのか、借金があるかもわからないまま相続しますので、遺産の割合で表示します。
遺産相続では、民法に定められた方式に基づいて作成された遺言には、法的拘束力がありますので、相続人は遺言に従わなければなりません。遺言がない場合は、法定相続人に法定相続分の遺産を相続する権利が生まれます。民法は被相続人の遺産が相続できる権利者を「法定相続人」と定め、相続人を第一順位から第三順位まで定め、各々の相続人が相続できる相続分を「法定相続分」として定めています。

 

相続人が配偶者と第一順位の子どもの場合、配偶者が全遺産の2分の1を相続し、残りの2分の1を子どもたちが均等に分けて相続します。子供が2人なら、それぞれ4分の1、3人ならそれぞれ6分の1になります。配偶者が死亡していて子どもだけの場合は、子どもが全財産を相続します。そのこどもが死亡している場合は、その子の子である孫が代わって相続します。これを代襲相続と言います。子どもも孫も死んでいた場合、曽孫がいれば曾孫が再代襲相続をします。相続人が被相続人の先祖に当たる第二順位の父母、(死亡している時は祖父母)の場合。配偶者の相続分は3分の2。父母(祖父母)の相続分は3分の1です。配偶者が死亡していた場合は父母(祖父母)が全遺産を相続します。
相続人が配偶者と第三順位の兄弟姉妹という血族相続人の場合配偶者の相続分は4分の3。兄弟姉妹の相続分が4分の1です。配偶者が死亡している時は兄弟姉妹が全遺産を相続します。兄弟姉妹のなかで相続人が死亡していた場合は、その子、つまり被相続人の甥や姪が代襲相続をします。ただし、代襲相続は甥や姪まで。甥や姪の子どもは再代襲で相続できません。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑