相続対策

相続対策とは何か?

相続対策とは被相続人、つまり財産を相続させる側の人が、いかに自分の思い通りに相続人に相続させるかという対策のことを言います。相続対策とは、一般的には相続する、相続人の対策ではありません。
普通はいかに自分の財産を目減りさせずに、相続させるという対策であり、被相続人の財産を目減りさせるのは税金を治めることであり、相続対策とは、一般的には遺産、財産相続における節税対策と同じ意味です。
税金以外の相続対策としては、虐待されたので相続人から排除したいとか、愛人に産ませた子供に遺産を相続させたいとかいう相続対策があります。これらを実現させるには法的手続きがいります。また、特定の相続人、例えば、配偶者の面倒を見てくれる長男に多くの財産を相続させたいための相続対策があります。このような場合は、行政書士や弁護士と相談して遺言書を作成して残すことが相続対策になります。

 

相続対策の多くは相続税対策

一般的に相続対策は、相続税対策になります。つまり、いかに相続税を節税するかの対になります。もちろん、相続税の納税が必要となる額の遺産を相続する人の話です。
基本的には、生前贈与による財産分与と遺産相続をどのように配分するかということと、相続人の数を増やせば基礎控除額が増えるので、息子から孫という二回の相続を一度にして孫と養子縁組をして、一度の相続で孫に遺産相続させる方法もあります。
相続税については、国はできるだけ税金を多く取ろうとし、国民は納税額を減らしたいと思っています。国は税金を取る方法を考えて法律を改定しますので、国の税制を理解した上での相続対策が必要になりますので専門知識が必要になります。相続対策や節税対策については、法律を熟知している新日本総合事務所など専門家に相談するのが賢明です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑