相続廃除

相続廃除とは何か?

相続廃除とは、相続人の相続権をがはく奪する制度のことを言います。被相続人が自分の遺産相続人になると推定される相続人の相続権をはく奪し、相続人から廃除することにより実現させます。
被相続人は遺言に書けば、特定相続人の相続分を指定することはできますが、相続人は遺留分制度で擁護されていますので、相続させない措置を取ることはできません。
世間には、被相続人に暴力を振るい、被相続人を虐待する相続人もいますが法律で相続権が擁護されていますので被相続人の一存だけで相続人を廃除して遺産相続させずに相続廃除することはできません。
そこで、民法は、被相続人が目に余る虐待を受けたりした場合は、遺留分を有する推定相続人の相続権利をはく奪できるという規定をもうけています。
法の対象は遺留分を有する相続人ですから、被相続人の子や孫などといった直系の卑属と父母、祖父母といった直系の尊属が対象になります。被相続人の傍系である兄弟姉妹には遺留分がありませんので、法の対象からは外れていますが、兄弟姉妹の推定相続人に相続させたくなければ、対象となる兄弟姉妹の相続分はゼロにするという遺言を残せば、相続廃除の目的は達成できます。

 

推定相続人を相続人から廃除したいとき

推定相続人を相続人から廃除したい時は被相続人は家庭裁判所に「相続人廃除」を申し立て、裁判所が認めれば推定相続人の相続廃除が実現します。
その事由は、被相続人に対する虐待、重大な侮辱、相続人の著しい非行ですが、重大とか著しいという判断には主観が混じります。著しい非行とは被相続人の財産を不当に処分したとか、博打で作った借金を弁済させたとか、浪費・遊興癖、犯罪の常習犯などが考えられますが、裁判所は、非行や虐待が一時的行為か否か、被相続人の側に落ち度はなかったか、客観的かつ社会的にみて、被告の相続廃除をするに足る内容かを慎重に審議して「相続人廃除」の是非をきめます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑