相続欠格

相続欠格とは何か?

相続欠格とは法定相続人であっても、遺産を相続することができないことをいいます。民法が相続人として認める配偶者、子供、父母、兄弟姉妹は、被相続人と家族的な付き合いをしてきた人たちであり、共同生活を破壊する行為をした相続人は、相続の資格がない相続欠格として、相続権が剥奪されます。

 

遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿すると相続欠格になる

民法は下記にあげる者は相続人になることはできないとします。
①被相続人を殺したり、自分より先の順位や同順位にある相続人を意図的に殺したり、殺そうとして刑を受けた人。安楽死をさせようとすれば、意図的に殺したといわれる場合もありますので注意が必要です。このような場合は殺人罪に問われても執行猶予が付く可能性がありますが、猶予期間が過ぎれば、刑の言い渡しがなかったことになるため遡って欠格ではなかったと解釈されます。
②被相続人が殺されるのを知っていて、告発も告訴もしなかった人。
ただし、善悪の判断能力がない人や、殺害者が自己の配偶者、もしくは直系血族であった場合は、のぞきます。
③被相続人が相続に関する遺言をしたり、遺言を変更したり、遺言を取り消したりする行為を強迫したりだましたりして妨害した人。
④強迫や詐欺により、被相続人に遺言書を作成させたり、遺言書を書き変えさせた人。
⑤被相続人の作成した遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した人。
その他、被相続人に自殺を教唆したり、自殺をほう助して刑に処せられたり、無事生まれたら共同相続人になる胎児を堕胎させて刑に処せられた場合も相続欠格になります。これらの行為が相続開始後に行われたものであっても、相続開始時点にさかのぼって相続欠格となります。相続欠格の場合相続人から除外されますが、相続欠格者に子がいる場合は代襲相続が行われ、子が死亡していて孫がいる場合は、孫が再代襲相続をします。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑