相続生前贈与

相続生前贈与とは何か?

被相続人である親の築いた財産は親から子、子から孫へと引き継がれてゆきます。
自分の財産は自分の意思で処分できますので、相続者である子どもの行く末を考える親は、自分が一番いいと思う形で、子どもに所有財産を無償で譲渡、つまり贈与します。
親は、存命中は自分の手で、自分の財産を相続者に贈与し、自分の死後については遺言で遺産相続を指定して、相続者に履行してもらいます。親が、遺産贈与の意思表示せずに亡くなった場合は、法定相続人が民法の規定に基づいて協議して遺産を継ぎます。
親が所有する財産・資産を、自分の思い通りに相続させるには生前贈与をして生前相続させるか、遺言で遺贈する相続者と財産を指定して、死後に贈与を実行してもらいます。世間では相続には、生前贈与の財産相続と死後の遺産相続があるとおもっていますので、民法の「相続は、死亡によって開始する」から始まる相続法には違和感を抱きます。相続法は死亡した人の財産処分義務を定めた遺産相続法。民法には生前相続法はありませんが世間では、親が財産資産お相続させるとき生前贈与が活用されます。

 

自分の死後に起きる相続トラブルを避けるための生前贈与

親は遺言により相続者である子どもに遺産を相続させることができますが、まだまだ多くの日本人には契約書アレルギーがありまので、遺言書を書くことに抵抗があります。
遺言書は書きたくないが、自分の死後に起きる相続トラブルは避けたいと思う親は、土地や家の資産を、意中の人に相続させるため生前贈与を行ないます。
例えば、農業従事者が後継者である子どもに農業を継がせたいと思っても、都市近郊にある農地は高額な資産ですので、親の死後、遺産相続協議でサラリーマンの子が相続権を主張した場合、農地が分割相続されて農業が継続できない事態になる恐れがあります。
そんな場合、親は後継者に生前に農地を継がせます。親は資産を継がせるのに生前贈与が使われます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑