相続税と贈与税の違い

相続税と贈与税の違いとは何か?

自分の築いた財産を子孫に相続させる方法としては生前に財産を贈与する方法と死後に遺産を相続させる方法があります。相続が行われる前に財産を相続させるのが贈与です。
つまり、贈与税は相続税を補完するため定められた税制ですので、相続税と贈与税の違いについては相続税法に規定があります。相続税は被相続人の死亡によって相続により生じた財産(遺産)に課される遺産相続税であり、贈与税は個人の贈与により生じた財産に課される税金です。相続税と贈与税の違いは贈与とか相続という言葉に関係なく、生前に財産贈与が実行された場合が贈与であり、死後に財産(遺産)の贈与が行われた場合が相続税です。
ただし、贈与税は相続税を補完する税ですので、被相続人の死亡する前の3年以内に贈与された財産は相続税の課税対象に組み込まれて納税計算が行われ、すでに収めた贈与税は清算されます。自分が死んだら贈与する契約を交わした死因贈与についても、契約したのは生前で贈与と名前がついていますが実行が死後ですから相続税が課せられます。

 

相続税と贈与税の違いは遺産相続税と財産贈与税の違いですので、遺産相続税は、被相続人が死亡した時の一度限りですが、贈与はいつでも、何回でもできます。
贈与税は相続税逃れを防止するために作られたような税法ですので相続税と贈与税の違いは税率の高さと控除額の少なさに現れています。贈与税の控除額は110万円。相続税の控除額は3000万円+600万円×法定相続人数。贈与税は暦年課税であり、毎年基礎控除が受けられます。相続税と贈与税の違いを活用することにより節税することができます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑