相続税と贈与税

相続税と贈与税とは何か?

一般的には相続税は相続時に課税されますが、贈与税は贈与時に課税されます。遺言による贈与である遺贈は遺産相続ですので贈与税でなく相続税が課税されます。
被相続人が財産を相続させるため課税される税金には相続税と贈与税の二つがありますが、それぞれ長所短所がありますので二つを組み合わせて節税を行ないます。
税法では贈与は生前贈与しかありませんが、贈与額と相続額が同じ額であれば、相続税と贈与税では相続税の方が安くなります。贈与も財産相続の一つですが民法は遺産相続法ですから生前相続は扱えませんが、被相続人が死亡する前、3年以内に贈与を受け、その時贈与税を納めていた場合、相続税申告時に贈与税額控除を受ければ相続税なみに減額されます。つまり、民法には生前相続はありませんが、被相続人が息を引き取る三年目までの生前贈与は生前贈与として認めているという解釈もできます。

 

相続税と贈与税を組み合わせて節税

財産相続に伴って相続税と贈与税が課税されますが二つを有効に組み合わせますと節税できます。相続税と贈与税は額が大きくなるほど税率が高くなる累進課税ですので、分散して額を下げることにより、合計の納税額を減らせます。例えば、毎年、3人の相続人に贈与税の基礎控除額である110万円を贈与し続けて行けば、10年では¥3300万円が無税で贈与でき、遺産が3300万円分目減りし、相続税も安くなります。
遺産は分割できませんが同額であれば相続税より安く、贈与は分割贈与できますので、相続税と贈与税の良いところを取ることで節税が可能になります。
また、昨今は被相続人が高齢化したため、保有資産の流動化を促進するため、生前贈与に相続税並みの扱いをする制度も始まり、贈与税は相続税に近づいて来ています。
相続税と贈与税を組あわせることにより節税が可能になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑