相続税シミュレーション

相続税シミュレーションとは何か?

相続税のシミュレーションはコンピュータでプログラムされた相続税のシミュレーションプログラムに、相続人の家族構成や財産額をデータとして入力することにより課税される相続税のシュミュレーションをするものです。相続税のシミュレーションは銀行や信託銀行などの金融機関、会計事務所、税理事務所、コンサルティング事務所など相続に関する業務取扱事務所などでサービスとして行っています。具体的に行うときはネットで相続税のシミュレーションと入力して検索すれば多くのサービス会社がありますので、そこをクリックすれば入力手順と入力項目が表示されますので、ガイドに沿って入力します。
入力項目は家族構成、現金・預貯金・株式・投資信託等の金融資産・死亡保険等はいくらですか、不動産はいくらですか、借金はいくらですか程度です。入力が完了しますとコンピュータが基礎控除額と課税資産総額を計算し、相続税の総額資産を計算し、各人の納付税額を試算してくれます。

 

きちんとした相談なら新日本総合事務所へ

最新の相続税法律に基づいた相続税のシミュレーションをすることはできますが、問題は入力条件が単純なものしか扱わないことです。たとえば。法定相続人の数が合計5名を超えた場合は計算できないとか、養子がいる場合は除外とか、相続人が死亡していて代襲相続人がいる場合は除外するとか、小規模宅地等の課税価格の計算の特例や死亡保険金・死亡退職金に係る非課税金額の試算はできないなど。
たとえば、土地とか家の不動産評価がどうなるか知らなければ資産として入力できませんので、現実的にどこまで役に立つかは疑問です。やはり相続の専門事務所できちんとした相談できますので労を惜しまず訪問して聞くのが賢明です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑