相続税対策

相続税対策とは何か?

被相続人が行う相続税対策には、いろいろありますが、もっとも簡単で、誰にでもできる方法が生前贈与です。被相続人は財産を相続人に生前贈与をするか、遺産として相続させますが、贈与税も相続税も累進課税ですので、合計額が同じでも一件当たりの額を下げて分散させると納税額は少なくなります。相続時の遺産は分散できませんが生前贈与は分散して一件当たりの額を下げられます。つまり、相続する財産を生前贈与して減らし、相続税対象財産を減らしておくという相続税対策です。贈与税の課税は年度単位ですので、贈与時期を分散して贈与します。例えば、毎年、3人の相続人に贈与税の基礎控除額である110万円を贈与し続けて行けば、10年では¥3300万円が無税で贈与できます。生前贈与により、相続遺産が3300万円分目減りしますので、その分相続税が安くなります。

 

相続人の数を増やす相続税対策

もう一つの相続税対策が養子を迎えて、相続人の数を増やす方法です。
相続税は累進課税ですので、相続人数を増やせば課税対象額が減って低い税率区分が適用され、相続人が一人増えると基礎控除額が600万円追加されます。
具体的には養子縁組をして相続人の数を増やします。民法では養子の数に制限はありませんが、相続税法が子と認める人数は、被相続人に実子がいる場合は一人、実子がいない場合は2人とし、養子相続人は一人600万円の基礎控除が受けられます。
その他、保有財産によって、行うことができる相続税対策があります
例えば、所有財産の課税評価額を下げる相続税対策があります。更地で土地を持っている場合、建物を建てることで相続税評価額を大きく下げることができます。建物置立てるとき借金で賄えば、相続額から控除されます。ですから、借金してアパートを建てて人に貸すことは、多くの地主さんがとっている典型的な相続税対策です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑