相続税生前贈与

相続税生前贈与とは何か?

自分の築いた財産を税金の目減りを最小限にして相続させたいと思うのは人の情です。相続人に財産を渡す方法としては生前贈与と遺産として相続させるやり方がありますので、納税額を低く抑えたい人は相続税を減らすため生前贈与の活用を考えます。つまり、相続税を減らすため生前贈与で遺産の額を減らします。具体的な方法として、毎年贈与税の基礎控除額110万円を各相続人に贈与していけば、遺産額は毎年減少しますので、死亡時の遺産総額が減ります。つまり、相続税は生前贈与をすることで減少します。
ただし、専門家は、基礎控除の範囲内でも毎年、一定額を贈与していると、税務署から、はじめから「総額○○万円を贈与する意思があった」と見なされ、総額に対する贈与税がかかってしまう場合もあると警告します。つまり、毎年一定額を贈与する「定期贈与」は避けたほうが無難だそうです。

 

相続税を減らすための生前贈与を活用する

相続税を減らすための生前贈与を活用するには特例を利用する方法があります。一つが2014年12月31日までの特例「住宅資金贈与非課税制度」です。父母・祖父母など直系尊属から、住宅取得等のために資金の贈与を受け、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその資金を自分が居住する家の新築や取得・一定の増改築等のために使い、かつ自分で住み始めた場合に、一定額が非課税となります。
これも相続税を減らすための生前贈与です。生前贈与の方法として「相続時精算課税制度」があります。生前贈与した際の課税を相続時まで繰り延べるという趣旨の制度です。
これを使えば、2,500万円までなら贈与時の税金が課税されません。ただし、贈与人が亡くなった際に、先に贈与を受けた財産と相続の時に残っていた財産を合算して相続税額を計算することとなります。財産を合計しても相続税がかからない場合には、生前贈与の贈与税を、制度を使って非課税にできれば、相続時に精算しても結局は非課税にできます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑