相続税節税

相続税節税とは何か?

課税される相続財産額を減らすことで相続税の節税は可能になります。
財産を処分してしまえば相続財産は減り、相続税は減りますが、それは本来の節税の主旨ではありません。財産価値を維持しながら、課税対象となる遺産相続額を減らすのが相続税の節税です。一言で言えば、財産価値を維持しながら、法律で許容されている手段を駆使して、相続税課税の対象となる遺産の評価額を減らすのが節税対策です。つまり、相続税を節税するには、法律を熟知していなければできません。また、法律の文面だけでは判断できない部分もあり、税務署がどのような運用をしているかの知識も必要です。素人がやると税務署に脱税を指摘され、節税のつもりが追徴税を課せられることも起きます。生兵法は怪我のもとですので、民法や税の知識がある経験豊かな新日本総合事務所など専門家に相談して進めたほうが賢明です。

 

最も単純な節税方法は生前贈与

ここでは相続税の節税にはこのような方法があるという概要を説明します。最も単純な節税方法は生前贈与で財産を減らし、相続遺産額を減らして相続税を節税するやり方です。配偶者優遇制度を利用すれば無税で配偶者に財産が移動できます。もう一つが贈与税の基礎控除を利用する方法です。贈与税は暦年ですから、毎年贈与して、毎年一人当たり110万円の基礎控除が受けられます。この方法で孫に贈与しておけば子供から孫に相続する時の相続税も節税できます。贈与した金で生命保険に入るとか債券を購入するとかいう応用もありますが、贈与して相続財産評価額を減らすというのが基本です。
その他、相続税が相続財産の評価額に課税されますので、金を不動産に変えておく方法もあります。遊休地にアパートを建てるなどの節税対策もあります。孫を養子にして、相続人の数を増やして基礎控除の額を増やして、節税する方法もあります。この場合は、子供から孫への相続が必要なくなりますので相続税は節税できます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑