相続税評価額

相続税評価額とは何か?

相続税は相続した遺産の価額に対して課税されますが、現金なら遺産額は明確ですが、家や土地など現金以外の遺産は相続税を課税するための相続税評価額を定めます。
まず、相続に関わる財産の7割以上が「土地」「家屋」などの不動産ですので土地と家屋についての相続税評価額を知る必要があります。
土地の相続税評価額とは路線価をもとに計算される路線価方式と路線価が設定されていない土地についての倍率方式があります。路線価方式は国税庁が示す、路線価(1平方メートルあたり)×面積(平方メートル)が、おおよその相続税評価額です。路線価が設定されていない土地については「固定資産税評価額」に国税庁で定めた倍率をかけて計算した金額が、相続税評価額になります。土地が自用地(居住など自分のために使っている)か貸宅地(第三者に貸している)で相続税評価額が変わってきます。貸宅地は借地権が設定され自由に売買できないため、自用地よりも2~3割の評価減となります。
建物は固定資産税評価額が相続税評価額になります。また、土地と同様に、建物を第三者に貸していると、自用の建物よりも2~3割の評価減となります。
土地と建物の評価方法により算出したマンション全体の評価額のうち、持ち分の割合がマンションの相続税評価額として算出されます。また、同じように第三者に貸していれば自用のマンションよりも2~3割の評価減となります。

 

現金・不動産以外の相続税評価額は?

その他、書画・骨董品 は専門家による鑑定価額を参考にした売買実例価格。ゴルフ会員権 は取引相場の70%で評価。貸付信託は元金+既経過収益の手取額-買取割引料、証券投資信託は新聞等に掲載された価額相続によって取得した財産の相続税評価額とは相続開始時点、つまり被相続人の死亡を確認した時点の価額になります。
遺産分割の場合は相続する遺産の相場を基準にして協議しますが相続税の申告に用いる相続税評価額とは、国税庁の「財産評価基本通達」に従いますので、一般的な相場と相続税評価額とは異なる場合があります。土地の評価は毎年各国税局が作成する路線価図に基づいて評価する路線価格×面積で計算して算出する路線価方式と都市郊外の地域で路線価が定められていない地域では倍率方式が採用されます。倍率方式は固定資産税評価額に基づき地域ごとに定められている倍率表を使用して固定資産税評価額×倍率評価で計算した額になります。家屋の相続税評価額とは固定資産税と同額です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑