相続税2割加算

相続税2割加算とは何か?

遺贈と相続で遺産を相続したときは、相続税を支払わなければなりません。
受贈額や相続額に応じての相続税が課税されますが、相続税を支払う人が一親等の血族及び配偶者以外である場合には、 各人の相続額に基づいて算出した相続税額にその20%相当額が加算されます。これを相続税2割加算といいます。
「相続税2割加算の趣旨は、孫が財産を取得すると相続税を1回免れることや、相続人でない人が財産を取得するのは偶然性が高いことなどから、 相続税の負担調整を図る目的で加算を行うものである」とされています。
相続税2割加算の対象者は、一親等の血族及び配偶者以外ですので、兄弟姉妹の相続人
祖父祖母の相続人、遺言等で財産をもらう孫、遺言等で血のつながりがなく財産をもらう人。
このような人が相続税を支払うことになる場合、相続税2割加算となります。

 

相続税2割加算の計算

親である被相続人の子が亡くなっているため、孫が相続するのは親に代わっての代襲相続ですので相続税2割加算の対象にはなりません。被相続人と養子縁組すれば一親等の血族になりますが、孫の場合は除外され相続税2割加算になります。
遺贈によって、遺産贈与を受けた「相続人でない人」も相続税2割加算になります。
「偶然性が高い」というのはわかりにくい言葉ですが、簡単に言えば、贈与税の方が相続税より高いため、遺贈にして安い相続税にしたという疑いがあるということ事でしょう。
不公平ですから贈与税並みにして相続税2割加算にしたという見方もできます。
相続税2割加算の計算は、通常の算式で計算した相続税額に1.2をかけます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑