相続贈与

相続贈与とは何か?

相続には被相続人から、財産を無償提供されて、つまり贈与されて継ぐものと被相続人の死後に法定相続人が引き取り、協議して分割して継ぐものの二つがあります。
被相続人は存命中であれば、相続者を決めて財産を継がせ、死後であれば遺言を残すことにより、指定した相続者に指定した遺産を相続させるため贈与を行います。
このことを遺贈と言います。つまり、被相続人は、自分の財産を指定した相続者に継せるため、生前には生前に贈与、死後には遺言贈与を実行します。
被相続人が自分で決めた相続者に、自分で決めた財産を相続させるために行うのが贈与という行為です。遺言贈与では相続分(相続割合)を指定するケースもありますが、家とか土地といった資産を指定するケースもあります。資産を指定したケースでは、遺言贈与を履行した後に遺産がのこりますので、法定相続人が遺産御分割協議を行ない、合意した内容に基づいて遺産を継ぎます。遺言贈与がなければ、相続人が全遺産について遺産分割協議をして、全員が合意すれば、各相続人が分割した遺産を継ぐことになります。

 

故人が生前に贈与した財産分は生前相続

民法の相続編は「相続は死亡によって開始する」から始まっていますので、民法でいうところでは死亡した人の遺産相続です。民法の相続法は、死亡した人の財産の引取らせるために、法で財産処分人を定めて、引取り義務を課したものです。
民法は遺産相続規定ですので、生前相続という言葉がつかえないため生前贈与と言っていますが、世間では、故人が生前に贈与した財産分は生前相続と解釈されています。
被相続人は自分が思い描いた相続を実現させるため、生前贈与と遺言贈与を行ないます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑