相続遺留分

相続遺留分とは何か?

遺産相続においては、遺言による贈与が優先されますが、故人には遺族の生活を保障する責務があるため、遺族のために配分する遺産は遺言金額から除外しなければなりません。
遺言をせず遺留した遺産分が遺留分であり、相続人には相続の遺留分が保証されています。
 相続の遺留分は、民法で定められていますので「法定遺留分」とも言います。遺言がない場合は、遺産は民法で定められた割合で相続されます。
遺言による相続分は「指定相続分」と言いますが、遺言がない場合は民法で定められた「法定相続分」で相続が行われます。相続の遺留分、つまり法定遺留分は、法定相続分に対する割合で定められています。

 

兄弟姉妹には遺留分がない

相続人が配偶者と子、子が死んでいるときは孫という法定相続の第一順位の場合、相続の遺留分は法定相続分の2分の1です。配偶者の法定相続分は遺産総額の2分の1ですから、配偶者の遺留分は遺産総額の4分の1。つまり、被相続人が遺言により他人に遺産を贈与していても、配偶者は最低でも4分の1の遺産が相続できます。子どもの法定相続分は2分の1ですので、3人の子なら、法定相続分は6分の1、遺留分は12分の1になります。配偶者がいない場合、3人の子が3分の1ずつ相続します。この場合の、子どもの遺留分は6分の1になります。被相続人に子も孫もいない場合、第二順位で相続する父母、祖父母の遺留分は法定相続分の3分の1です。法定相続分が3分の1ですので父母祖父母の遺留分は9分の1です。配偶者の遺留分は2分の1ですので、法定相続分が3分の2ですので、配偶者の相続の遺留分は3分の1になります。
第三順位の兄弟姉妹の法定相続分は4分の1ありますが、兄妹姉妹には遺留分がありません。相続人が配偶者と兄弟姉妹であれば、被相続人は「全財産を配偶者に贈与する」と遺言を残せば、全遺産を配偶者に相続させられます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑