秘密証書遺言

秘密証書遺言とは何か?

秘密証書遺言は、「遺言を残したことは公証人に知っておいてもらいたいが、中身については、誰にも知らせず、死ぬまで秘密にしたい」ときに作成するものをいいます。
 「私は、この封筒に入れた遺言を残したことを証明していただきたい」と申請して、確かに「貴方の遺言書です」と秘密証書遺言を証明してもらいます。
秘密証書遺言の作成の流れとしては、
①遺言者が遺言を作成し、署名捺印します。
遺言は自筆でなくてもよい。プリンターで印字したものでもよく、代筆でもよい。
ただし、後で変造されるのを排除するため加筆訂正の場合は、加筆訂正の場所を示して、変更した旨を附記し、附記した後に署名捺印しなければなりません。
②遺言書を封筒に入れ、遺言書で押印した印鑑で封印します。
③遺言者は二人以上の証人を伴って、公証役場に出向いて公証人に封筒に入れた遺言書を提出します。自分の遺言書であると申告し、自筆でない時は、書いたものの住所と氏名を申告します。口がきけない場合は、公証人と証人の前で、遺言書が自分のものであることと書いた者の住所氏名を封筒の上に自書しなければなりません。
なお、未成年者や推定相続人の親族など利害関係者は証人になれません。
④公証人が遺言者の申述と日付を封筒に記載して、遺言者と二人の証人が署名し押印し、遺言書を本人に返却します。

 

秘密証書遺言は、自分の名前さえかければ、内容を誰にも知られずに作成することができますが、遺言書の内容が民法の方式に従っていなければ、遺言書としての効力を失う尚は自筆遺言書と同じです。自己責任で保管するため、紛失したり、誰かに見つけられて変造されたり、破棄される心配があります。
銀行の貸金庫であれば、遺言者が死亡すれば、必ず開けられるために紛失する恐れはありませんが、秘密証書遺言の中身を精査しなければならないため、新日本総合事務所のような専門家に遺言作成を依頼して、事務所に保管を依頼するのが通例です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑