税金の計算

税金の計算とは何か?

遺産相続に関連した税金には贈与税と相続税があります。贈与税は生前に資産を継承させるものですので、相続税を補完する税金です。贈与税も相続税も税金の計算方法は相続税法に規定されています。贈与税は暦年課税ですので毎年税金の計算が要ります。
贈与税額=受贈額合計額―基礎控除額110万円)×税率―控除税額
税率と税控除額は贈与税の速算表を利用します。
控除後の課税価額 税率 税控除額
200万円以下 10%  ―
200~300万円以下 15% 10万円
300~400万円以下 20% 25万円
400~600万円以下 30% 65万円
600~1000万円以下 40% 125万円
1,000~1,500万円 45% 175万円
1,500~3,000万円 50% 250万円
3,000万円~ 55% 400万円

 

相続税は相続人ごとに税金を計算する

相続税は相続人が複数人いますので、相続人ごとに税金の計算をします。
相続人ごとの税金の計算をする手順は、まず全相続人で納税する総額を計算し、その後実際に相続した金額で納税額を案分して、各相続人が支払うべき税金を計算します。
その後に、各自の個別事情に基づいて控除を申請し、法定相続人でなければ二割加算などをして税金を計算します。
合計納税額の計算は、まず課税物件総額から基礎控除額を引いて課税遺産総額を計算します。課税価額が基礎控除額より少なければ相続税はかかりません。
課税遺産総額=「課税価額」-基礎控除額(3000万円+(600万円×法定相続人の数))
この課税遺産が法定相続人ごとに法定相続分で相続されたという前提で、各相続人が取得した相続額を計算し、速算表の税率かけて各相続人の税額を算出します。速算表
課税標準 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円
各相続人の税額を合計したものが、税務署に納税する相続税の金額になります。此の納税額を、実際に相続した財産に比例配分して計算した結果が各相続人の納税額のベースです。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑