節税方法

節税方法とは何か?

遺産相続時の節税方法は、いろいろありますが、税制は刻々と変化していますので、具体的に進めるには税制度の知識が必要となり、専門家でなければ対応は難しいため、新日本総合事務所といった専門家と相談して進めるのが賢明だと思います。
財産相続で節税方法を検討するポイントは二つあります。まず優遇税制の活用です。
世間では息子から孫へ相続するのをやめて、被相続人の孫やひ孫を養子にして直接相続させることが行われています。そのた、条件が整えば控除が受けられる制度があります。
たとえば、生前贈与を利用した節税方法では婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、配偶者が居住用不動産や購入資金を贈与した場合、最高2,000万円まで配偶者控除がされるので、無税で財産相続が可能になり、相続遺産額が減少しますので相続税も節税できます。
これら財産相続に関する優遇税制はたびたび変更されますので、常時監視している専門家でなければ、税制変更に対応できません。

 

生前贈与と遺産相続にどう分配するか検討

もう一つが、優遇税制を活用したうえで、被相続人の財産相続を、生前贈与と遺産相続にどのように分配するかという検討を行います。
財産相続にかかる税金の合計は贈与税プラス相続税ですが、生前贈与をすれば贈与税は増えますが相続遺産が減りますので相続税は少なくなります。贈与税と相続税の合計額を低く抑える方法が、被相続人の財産相続における節税方法になります。贈与税も相続税も累進課税ですので、課税額を少なくするのが節税方法ですので、暦年課税の生前贈与で財産を分割相続させて、遺産額を減らして相続税を支払うのが節税方法になります。
ただし、贈与額と相続額が同じでも税率は贈与の方が高いため、贈与額をいくらにして、遺産額をいくらにしたらいいかは複雑な計算になります。節税方法は、複雑多岐ですので新日本総合事務所などの専門家に相談するのが賢明だと思います。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑