自筆遺言書の書き方

自筆遺言書の書き方とは何か?

自筆遺言書の書き方を知るためには、凡例などを見ると良いでしょう。一般的には自分で手で書いた遺言書のことを自筆遺言書いいます。その自筆遺言書の書き方について示します。 
①すべて自分の手で書くこと。
自筆遺言書の書き方については遺言者が自分の意思に基づいて直筆で書かなければなりません。一部であれ、代筆があれば自筆遺言書の全体が無効になります。機械で印字した証書は、民法で認められた自筆遺言書にはなりません。
②遺言した日、作成生年月日を自分で書く。
遺言書を作成した日付は、遺言書では重要な役割を担います。遺言者の死後、二通の遺言書が出てきた場合、内容に食い違っている部分があれば、日付が新しい遺言が採用されます。遺言書作成日付から、そのとき遺言者が遺言可能年齢である十五歳に達していたか、遺言できる健康状態にあったかを確認します。
③遺言者の氏名を自分で書く
④遺言者の印鑑を押す。
 三文判や認め印でも有効ですが、認印ですと相続人に「三文判を押して、遺言書を偽造した」という指摘を受ける可能性もあります。できれば実印が望ましいですが、すくなくとも銀行印を使用するくらいの配慮が望まれます。
⑤遺言書の加筆・削除は契約書の加筆削除に準じます。

 

遺言書も契約書と同じ考え方

遺言書も契約書ですので、世間の契約書と同じと考えた方が無難です。
遺言書が数枚にわたる時は、契約書と同じように袋とじして割り印しておけば、ページの差し替えられる恐れが無くなります。自筆遺言書の書き方は大体このようなものですが、遺言書を加筆、削除して訂正する作業は、日頃からやり慣れていない人には結構難しい作業であり、訂正印の押し忘れなど間違いが起こる可能性が高いです。
自筆遺言書の書き方の例を見ても、間違えてしまったた時には、書き直しをすることが賢明でしょう。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑