親の遺産相続

親の遺産相続とは何か?

親の遺産相続の権利を持つのは、遺言で指定した人と子どもと配偶者です。遺言があれば配偶者と子どもは遺言を履行しなければなりませんが、子どもや配偶者の将来生活を保障する責務がありますので、子どもと配偶者には一定財産分を相続させなければならないとしています。
この財産分を遺留分といいます。親の遺産相続において子どもと配偶者の遺留分は法定相続分の2分の1ですので、遺言で遺産を贈与していたとしても、子どもは法定相続分の2分の1の相続が保証されています。親の遺産相続において、遺言が無い場合、法定相続人の配偶者と子どもが協議して、遺産を分割して相続します。

 

配偶者に口出しさせないこと

民法が保証した法定相続分は配偶者が2分の1、子どもたちが2分の1ですが、権利を主張するかどうかは相続人が決めます。普通、片親が亡くなれば、こどもは扶養方法を協議し、その後、遺産分割協議に入りますので親の遺産相続をめぐる争いは収まります。
遺言がない場合、一般的には、法定相続分割を規準にして、「面倒を見たから多く貰う」と増額分を主張し、「おまえは家を貰っているから差し引く」というように相手の減額分を指摘して、遺産の分捕り合戦を始めます。
普通、親の遺産相続では、子どもの兄弟姉妹で話し合って相続分を決めますが、世の中には配偶者が口をさし挟んで、遺産相続争いの火に油を注いでいるケースがあります。
話し合いの舵を取る船頭が増えれば、船は蛇行し、暗礁に乗り上げてしまいます。「配偶者に口出しさせない」は守るべきマナーです。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑