贈与申告

贈与申告とは何か?

贈与税は贈与を受けた人が贈与を申告して納税します。贈与税は暦年課税ですので1月1日から12月31日までに贈与を受けた金額が課税対象額になり、この期間に贈与を受けた金額の合計が110万円を超える時は贈与を受けた人は贈与税を納税する必要があります。
配偶者控除などで計算上贈与税がゼロになる場合でも、贈与の申告をすることで控除は適用される制度ですので、贈与申告をしなければなりません。
年間で合計して110万円以上の贈与を受けた人は、原則として翌年の2月1日から3月15日の間に住所を管轄する税務署に贈与の申告をして納税しなければなりません。

 

贈与税申告書を税務署に提出する方法は3通り

原則としてというのは土日の場合がありますので、贈与の申告の期間は年度によって多少の前後がありますので、その年度の申告期限については住所を管轄する税務署で確認する必要があります。納税申告書は税務署においてありますが、国税庁のホームページからダウンロードできます。用紙は第一表と第二表があり、第二表は、被相続人から遺産相続を受けたときに相続税を精算するという相続時精算課税選択届出による贈与です。
贈与の申告書類を税務署に提出する方法は3通りあります。一つは郵便または信書便により住所地を管轄する税務署に送付する方法です。この場合、通信日付が贈与申告した日になります。二つ目が税務署の受付に持参、または収受箱へ投函する方法があります。
三つめがe-TAX.ですが、事前に利用開始の手続きをしておかないと利用できません。
贈与申告のポイントは年間110万円以上贈与を受けたものは、翌年の2月から3月15日までに、住所地を管轄する税務署に贈与申告をして納税する必要があるということです。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑