贈与税の申告

贈与税の申告とは何か?

贈与を受けた人は、暦年、つまり1月1日から12月31日までに贈与を受けた金額が基礎控除額の110万円を超えた場合、贈与税の申告をして贈与税を支払わなければなりません。
同じ人から複数回贈与を受けるとか、別の人から贈与を受けた場合は、贈与を受けた合計額から基礎控除の110万円を引いた額に課税されます。
贈与税の申告期間は翌年の2月1日ころから、3月15日ころまでですが、土日などの閉庁日があり、毎年調整が行われますので、その年の贈与税を申告する期限は各税務署で確認する必要があります。贈与税の申告は、申告書を書いて郵便か信書便で住所地の税務署に送付するか、住所地を管轄する税務署に持参して受付でわたすか、時間外投かん箱に投かんします。郵便の場合は、消印に表示された日が贈与税の申告日になります。
なお、e-Taxで申告することもできますが、事前に利用開始手続きが必要です。

 

当該年度の贈与税申告の仕方をみる

贈与税の申告書用紙や「贈与税の申告の仕方」についての資料は税務署においてありますが、国税庁のホームページに記載されています。申告の内容によっては添付資料が必要になります。どのような申告の場合、どのような添付資料が必要かについては「当該年度の贈与税申告の仕方」に書かれています。申告例として、贈与税の配偶者控除の特例を受ける場合、相続時精算課税の適用を受ける場合、住宅取得等資金の非課税の適用を受ける場合、相続時精算課税の特例適用を受ける場合などですが、年度ごとに変化しますので「当該年度の相続税の申告の仕方」で確認する必要があります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑