贈与税の計算

贈与税の計算とは何か?

贈与税の計算は、まず課税の対象となる課税価額を計算し、次に贈与税額を計算します。
贈与税は暦年課税ですので、1月1日から12月31日まで、1年間に贈与を受けた価額を合計したものが課税対象価格になります。贈与税には、ここまでの金額なら課税されないという基礎控除額(110万円)がありますので、課税対象価格から基礎除額の110万円を引いた金額が贈与税の計算の基準価額になります。つまり、基礎控除後の課税価額に対して、贈与税が課税されます。贈与税は累進課税ですので、課税価額のランクによって、それぞれ税率と控除額が定められていますので、速算表を基に贈与税の計算を行って贈与税額を算出します。
贈与税額=[課税対象価額(受贈額)-基礎控除額(110万円)]×速算表税率―速算表控除額

 

たとえば、この一年に父から300万円、母から200万円贈与を受けた場合の贈与税計算。贈与を受けた額、つまり課税対象額は500万円。基礎控除110万円を引いた課税価額は390万円。速算表では300~400万円のランクですので税率20%、控除額25万円ですから、贈与税額=390×20%-25万円=53万円です。
贈与税には、特例の非課税制度がありますので、贈与税計算では条件が合えば活用することができます。制約条件がありますので、専門家などに相談する必要があります。
住宅取得等資金の贈与。教育資金の一括贈与の特例があります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑