贈与税夫婦

贈与税夫婦とは何か?

被相続人の財産を相続人に相続させる方法には、生前贈与と遺産相続の二つがあり、生前贈与には贈与税がかかり、遺産相続には相続税がかかります。
被相続人が相続人に相続させる財産は「贈与する財産+死後に残す遺産」ですので贈与税と相続税の合計が財産を相続させるに必要な税金になります。
財産贈与を少なくすれば贈与税は少なくて済みますが遺産が多くなりますので相続税は高くなり、贈与を行えば贈与税は必要ですが遺産は少なくなって相続税は安くて済みます。
贈与と遺産をどう組み合わせたら、一番税金が安くなるか考えるのが節税対策です。
贈与税も相続税も累進課税ですので、財産を分割して税率をかけた方が安くなります。

 

生前贈与額は分割できることがポイント

相続税は遺産相続額に対する課税ですので分割できませんが、生前贈与額は分割できますので、低い金額の低い税率での贈与を重ねて行くことが可能になります。
つまり、分割しながら贈与して贈与是の削減を図りながら遺産額を減少させて相続税額を減らすのが節税対策になります。
配偶者は相続人ですので夫婦の一方が亡くなれば、配偶者が遺産相続をしますが、贈与税を支払って夫婦で贈与を行って相続税の納税額を少なくします。
贈与税を払って夫婦間で財産をいくら贈与しておいたら、相続税との合計である財産相続税が最少で済むか考えて実行するのが節税対策です。贈与税を払わなくても、婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、配偶者が居住用不動産や購入資金を贈与した場合、最高2,000万円まで贈与できます。贈与税の基礎控除110万円は夫婦でも適用されますので、贈与税の基礎控除を活用した贈与は夫婦の財産贈与の節税対策にも利用できます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑