贈与税対策

贈与税対策とは何か?

贈与税対策の目的は二種類あります。一つは純粋に贈与税を節税するための優遇制度などを調査して、その制度を利用するという贈与税対策です。もう一つは遺産、財産相続にかかる税金のトータル額を節税するため生前贈与を活用して遺産相続額を減らして相続税を減らすための贈与税対策です。つまり、生前贈与をしておけば遺産額が減り、相続税は減りますが減った相続税より贈与税が多くなれば節税になりません。ですから、いくら贈与したらいいかを考えてトータルで節税するのを考えるのが贈与税対策です。
つまり、相続税との関連で節税を考えての贈与税対策と贈与税だけを単独に考えての贈与税対策は異質のものです。つまり、住宅購入時の親からの資金援助、親子間のお金の貸し借り、離婚時の財産分与、満期がきて生命保険を受け取った場合等、贈与税が発生するかもしれない場面についての対策を考えることが贈与税対策です。さりながら、日ごろから相続税のことを考えて子や孫にちょびちょびと非課税の範囲で贈与しておきたいものです。

 

贈与税対策の賢明なやり方

贈与税の基礎控除110万円を利用すれば、毎年110円以下であれば無税で贈与できます。贈与税の配偶者控除の利用。贈与税の特例を利用するのが贈与税対策ですが、特例措置の内容を素人が把握するのは至難の業ですので新日本総合事務所に相談するのが賢明なやり方です。
たとえば、配偶者から、居住用不動産や購入するための資金を贈与されたときは、最高2,000万円までの配偶者控除があります。ただし、夫婦の婚姻期間が20年以上必要で、この控除を利用できるのは1回だけなど、いくつかの条件を満たしていなければならないという条件があります。住宅取得資金贈与税の特例を利用すれば20才以上の子供がマイホームの購入資金を、親から贈与してもらうときは、最高3,500万円まで控除されますが、これは、”相続時精算課税制度”を相続人が選択したとき利用できる特例です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑